スタッフブログ

2020.05.19更新

皆様いかがお過ごしでしょうか?

緊急事態宣言により外出自粛が続いておりますが・・・

今回は、口腔内ケアの重要性についてお話しさせていただきますni

 

口腔ケアは、インフルエンザやその他のウイルス性疾患(コロナ)をはじめとする、感染症の予防になることが明らかになっています。

実は、新型コロナウイルスでも口腔ケアを行うことで【感染予防や重症化の軽減に効果がある可能性】が報告されています。

歯科衛生士による口腔ケアを受けた人のインフルエンザ発症率が、本人や介護者だけから口腔ケアを受けた人の1/10になったとの報告があります。

 

口の中の細菌がウイルスを活性化させます。

実は口の中の約30億~6000億もの細菌はインフルエンザウイルスを手助けするプロテアーゼという酵素を出す特性があります。

つまり、口の中を不清潔にしておくと、細菌が増殖し、プロテアーゼの量も増え、インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

口のケアをしっかり行い、細菌を減らすと、唾液中のプロテアーゼ量が減り、インフルエンザの発症も抑えられるのです。

 

新型コロナウイルスについては、治療薬も予防薬もないのが現状です。ならば感染予防と重症化予防のために抵抗力をつけることが必要です。

特にビタミンCがコロナ感染を防ぐ可能性と国際オーソレモレキュラー医学会(ISOM)を全世界に発信しました。

実は、歯周病菌の1つがビタミンCを消費することがわかっています。

口腔ケアにより歯周病をコントロールすれば、ビタミンCの目減りを防ぐことで、呼吸器感染の予防に繋がることも考えられます。

 

口腔ケアを行うことで、他にもさまざまな効果を発揮します!!

口腔ケアを行うと、唾液の分泌が刺激されます。唾液中には抗ウイルス作用を持ったタンパク質が含まれており、感染予防の働きが期待されます。

細菌性肺炎の予防にも。

細菌感染の合併を防ぐためにも、口腔内の環境を改善しておくことはとても効果があるのです。

そして、高齢者の方は新型コロナウイルスによる外出自粛や面会禁止などで生活パターンが崩れたり、刺激が少なくなってしまいます。

そうなると体調を崩したり、認知症が進行することがあります。

脳の1/3を占める広大なエリアは口腔内を支配しています。

つまり口腔内を刺激することが脳への刺激につながります。

 

口腔ケアの重要性を少しでもお分かり頂けたらと思います。

大変な時期ではありますが、皆様口腔ケアをお忘れずstar

 

投稿者: ホワイトラビット歯科医院

スタッフブログ インターネット予約