笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)

当院では、今まで歯科治療を受けたくても怖くて受けられなかった方や、泣いたりあばれたりしてしまいがちな小さなお子様など、さまざまな理由から歯科医院に行く事が出来ずに痛い歯を放置してしまい、むし歯が悪化してしまった方がリラックスして治療を受けていただく事が出来るよう笑気吸入鎮静法を取り入れております。

笑気吸入鎮静法とは、酸素に笑気(亜酸化窒素)という気体を混ぜ、鼻から吸い込む麻酔方法です。

笑気は無臭の気体で、お子様でも無理なく吸入する事が出来ます。

笑気ガスは全身麻酔でも使用されていますが、笑気吸入鎮静法では30%以下と低濃度で使用を行う事ができるため、全身麻酔よりも安全性が高くより安心して治療を行う事が出来ます。

低濃度の笑気ガスの吸入で気分が楽になり、痛みや緊張、恐怖などを感じにくくする事が可能です。

笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)の特徴

  • 治療が「怖い」「苦手」な方もリラックスして治療を受ける事ができます。
  • 低濃度の笑気ガス、酸素は高濃度なため安全性の高い治療ができます。
  • 注射や治療時の痛みが気にならなくなります。
  • 治療時の歯を削る振動が気にならなくなります。

笑気吸入鎮静法に関するQ&A

子どもでも笑気吸入鎮静法は受けられますか?

マスクは鼻の上に乗せるだけなので、小さなお子様でも使用可能です。

ただ、笑気ガスを吸入することで体の中の圧力が部分的に上がることがありますので、目や耳、肺に病気を持っている場合は使用できない場合がありますのでご相談ください。

副作用はありますか?

笑気ガスの濃度が30%以下になるように酸素と笑気ガスを混合して使用するため、副作用はほとんどありません。

酸素の濃度が高いため、酸欠になる心配もありません。

また、低濃度の笑気ガスを使用しているため回復も早く、治療後はすぐに帰宅していただく事もできます。完全に意識を消失させるものではないので、治療中に不快な症状をを感じましたらすぐに歯科医師にお伝えいただく事も可能です。

笑気麻酔の費用は保険が適用されますか?

保険内での治療でしたら保険適用となります。

治療の内容がオペなどの自費治療の場合でしたら、笑気吸入鎮静法だけを保険診療にすることはできません。そのため、自費治療の場合は、2,000円~でご案内させていただいております。詳しい費用に関しては治療前にご説明させていただきますのでお気軽にご相談ください。

妊娠中でも、笑気麻酔で治療は受けられますか?

妊娠中、また妊娠の可能性がある方は笑気麻酔を使用できません。

スタッフブログ インターネット予約